塩水港精糖株式会社



沿革

明治37年2月台湾南部の塩水港庁岸内庄(現 台南県)に資本金30万円をもって「塩水港製糖会社」が創立され、赤糖の生産を開始致しました。 これが当社の起源であります。

その後、昭和13年には資本金を6,000万円とし、工場は台湾内に7ヶ所、日本国内に2ヶ所(東京1、大阪1)を擁する製糖会社となりました。

戦後、昭和25年7月、塩水港倉庫株式会社として新たに発足致しました。(本社:東京都中央区日本橋 支店:大阪市此花区)その後の主な変遷は次のとおりであります。

昭和25年 8月
社名を「塩水港精糖株式会社」に変更。
昭和26年 1月
精糖事業を復活。
昭和36年10月
東京証券取引所市場第2部に上場。
昭和39年 8月
大洋漁業株式会社(現 株式会社マルハニチロホールディングス)と資本提携。
「パールエース」ブランドの誕生。
昭和41年 3月
横浜工場竣工(溶糖能力650トン/日)。
11月
本社を横浜市大黒町へ移転。
昭和46年 2月
横浜工場溶糖能力750トン/日に増強。
9月
宮本産業株式会社(後の株式会社おかげさま.(現連結子会社))設立。
昭和48年 1月
大阪府泉佐野市に大阪工場竣工(溶糖能力500トン/日)。
昭和57年 4月
エントウ産業株式会社(後の株式会社イーエス(連結子会社))設立。
昭和58年10月
東洋精糖株式会社と業務提携し共同生産会社として、太平洋製糖株式会社を設立。
大阪工場にてサイクロデキストリンの生産を開始。
平成元年10月
糖質研究所竣工。
平成 2年 6月
久野修慈、社長就任。
11月
乳糖果糖オリゴ糖の生産を開始。
平成 5年 9月
エントウ産業株式会社、「株式会社イーエス」へ商号変更。
平成 6年 9月
株式会社ナルミヤを増資引受により関連会社とする。
11月
乳糖果糖オリゴ糖を主成分とする新商品「オリゴのおかげ」の全国販売を開始。
12月
宮本産業株式会社、「株式会社おかげさま.」へ商号変更。
平成 7年10月
「オリゴのおかげ」シリーズ全製品につき、「特定保健用食品」表示許可(整腸作用)を取得。
平成10年10月
マルハ株式会社の全額出資子会社として株式会社パールエース設立。当社の総発売元となる。
平成13年10月
横浜共同生産工場(太平洋製糖株式会社)において、塩水港精糖株式会社、東洋精糖株式会社、フジ日本精糖株式会社三社による共同生産開始。
平成14年 3月
塩水港精糖株式会社、大日本明治製糖株式会社、大東製糖株式会社三社出資により関西製糖株式会社を設立。7月に共同生産を開始。
7月
本社を東京都中央区日本橋へ移転。
平成17年 3月
マルハ株式会社(現 株式会社マルハニチロホールディングス)との資本提携を解消し、三菱商事株式会社と資本提携。
総発売元である株式会社パールエースを子会社とし、新たな生産・販売体制をスタート。
株式会社パールエースが子会社となったことに伴い、同社の関連会社である南西糖業株式会社が当社の関連会社となる。
浅倉三男、社長就任。
平成20年 5月
本社新社屋(ニューESRビル)竣工。
平成23年 1月
株式会社パールエースをパールエース株式会社に商号変更。
新設分割によりパールエース株式会社を分割会社、株式会社パールエース(現連結子会社)を承継会社とする会社分割を実施。
パールエース株式会社を吸収合併。
株式会社イーエスを吸収合併。
平成26年 1月
東京証券取引所市場第1部指定
5月
山下裕司、社長就任。
8月
塩水港精糖株式会社 創立110周年「パールエース印」ブランド 50周年

平成26年5月1日現在


↑PAGE TOP